新横浜3分!横浜のカイロプラクティック・整体 神経症状,骨盤矯正,顎関節症も対応。大口、菊名、小机、鴨居、中山、十日市場からも多くの方が来院。
症例報告|腰痛

腰痛

座っている時の腰痛と臀部痛(妊娠6か月) 20代女性【腰痛の症例】

横浜市港北区在住の女性(妊娠6か月)が座っている時の腰痛と臀部痛で来院。妊娠する前から座っていると腰痛や腰の疼きがあった。妊娠してからより腰痛が辛くなり、さらに臀部の痛みも出てきた為当院に来院された。

来院時の症状

・右腰・臀部が辛い
・座り姿勢も右に負担が掛からない様に左に体重を乗せてる
・上半身を起こそうとする・立ち上がる・右足を上げる動作で右腰に痛みが出る
・骨盤の捻じれあり
・体幹の筋力が落ちてる
・座っている時間が長い

施術後の経過

初回、検査から腹部の筋肉の前後バランスが崩れていること・臀部痛に関して大腿後面の筋肉が付着する部分に緊張が診られた為、仰向けと横向きのみで筋の緩和操作を行った。骨盤の捻じれに関しては、ブロックを使用して整えた。ご自宅で出来るエクササイズを教えて終了。
2回目、初回の腰痛・臀部痛は落ち着いている。ふくらはぎがつる事が多くなってきて診て欲しと事なので、下肢帯中心に仰向け・横向きのみで施術を行った。今回も、自宅で出来るエクササイズを教えて終了。
3回目、腰・臀部痛に関してエクササイズも無理なく出来てる為問題なし。ふくらはぎに関しては、頻度は減ってきたがまだ出る。今回も前回と同様の施術を行い終了した。

今回で出産準備に入る為、無理ない範囲でエクササイズをやってもらうように伝え終了。

担当者:林コメント

腰痛・臀部痛に関して、長時間の座っている姿勢により体幹の筋肉が緊張し柔軟性が少なくなった事・体重掛ける時の偏りが今回の原因と考えます。体幹の筋肉は骨盤を起こす役割をしている為、立ち上がった時などに筋肉がしっかりと伸びてくれないと上半身を起こせません。無理に上半身を起こそうとすると腰を反った状態になる為腰痛を生じやすくなります。この様な状態は、誰にでも起こりえます。どのような時でも長時間の同一姿勢は避けるようにして下さい。

【初回検査料と費用について】

2018年08月07日 17:08更新  カテゴリ:腰痛

自転車に乗って降りたら腰に激痛 30代男性【腰痛の症例】

横浜市港北区在住の女性が強い腰痛を訴えて来院。子供を乗せて自転車に乗っていたが、降りた途端に腰に激痛が走り、ほとんど歩けない状態になってしまった。一週間経ってもいっこうに良くなって来なかったため、ご親族の紹介で当院に来院された。

 

来院時の症状

・痛みで体がまっすぐになれない
・どの体勢でも痛みがあり、動くと痛みが強く走る
・骨盤が大きくズレている

施術後の経過

症状の状態から検査はほとんど行えないと判断し、まずは骨盤の捻れをゆっくりと矯正していった。施術後は痛みが半減し、まっすぐに立つこととある程度の動作ができるようになった。
2回目の来院時は痛みが少しずつ減って来て日常生活はできるようになっていた。引き続き骨盤の矯正をおこない、股関節の可動性改善および腰部と大腿部の筋トリートメントをおこなった。施術後は前屈など基本的な動作は問題なくできる様になった。
3回目の来院時には症状はなくなっていた。腰部、骨盤を中心に施術をおこない、再発予防のためのアドバイスをおこなった。
二度と同じ思いをしたくないと、現在は月に一回のペースで体のケアに来院されている。

担当:松田コメント

この方は慢性的な腰痛持ちでした。育児中でもあり日常生活が腰や骨盤に負担を与えていたと考えられます。骨盤は一度ズレると強く痛み、なかなか元に戻りません。いつまでも続く痛みがある方はぜひ一度専門家である当院で骨盤のチェックを行ってみてください。

【初回検査料と費用について】

2018年07月28日 17:58更新  カテゴリ:腰痛

朝のみに腰痛を感じる  30代男性【腰痛の症例】

横浜市在住の30代男性が朝のみに起こる腰痛を訴えて来院。詳しくお話をお伺いすると、子供と一緒に寝るようになっていることが腰痛に関与していることが考えられました。

 

来院時の症状

朝のみに起こる腰痛
・前屈や伸展をすると腰痛が強くなる

 

施術後の経過

骨盤や腰椎の関節の動きが制限されており、周囲の筋肉も過剰に張っていたため、骨格の矯正と筋肉操作を中心に施術を行いました。また、子供と一緒に寝ていることが腰痛に関与していることが考えられたため、その旨を伝え睡眠の環境を整えるアドバイスをしました。
症状は2回の施術で消失しました。

担当者コメント

睡眠時の環境の変化が起因となる起床時の腰痛は、同じ姿勢で朝まで寝てしまうことが原因となっていることが多いように思います。
本症例も、子供と一緒に寝ることにより寝返りで子供を圧迫しないように無意識にですが気を使われて同じ姿勢で朝まで寝ていたのかもしれません。

【初回検査料と費用について】

2018年07月21日 17:36更新  カテゴリ:腰痛

子供のころから猫背で、慢性的な肩こりや腰痛がある  30代男性【腰痛の症例】

横浜市在住の30代男性が猫背慢性的な肩こり腰痛を訴えて来院。子供のころから猫背があり、それが起因となって肩こり腰痛があると言われたことがあり、骨格の矯正をして猫背を改善したいと思い来院。

 

来院時の症状

・胸椎の後湾が強くなり、肩甲骨が上外側に変位し肩関節が両方とも内旋していた。頭部は前方に変位し腰の前腕はほぼなくなっていた。
・肩甲骨の動きが小さく肩関節の可動域が減少している。
・体を反らすと腰と首の後ろ側に違和感を感じる。
・肩こりと、頭痛(2回/月)

 

施術後の経過

関節の可動域が各箇所で小さくなり、また、筋肉が硬くなっていたので背骨を中心に全体の関節の可動域を大きくし、筋肉の緊張を取るように施術を開始した。初めは理想的な姿勢を指示しても体が硬くてできなかったが、2回の施術で体を反らした時の違和感が半減以下になり、3回目には、意識すれば理想の姿勢を取る事が出来るようになる。計5回の施術で肩こりが消失し、頭痛も出ていない。

 

担当者コメント

肩こりと姿勢には深い関係があります。関係性のキーワードは「重力」です。地球上にいる限り人は常に重力にさらされます。重力に逆らうことで人は姿勢を維持したり動いたりすることができます。体を丸めれば背中側の筋肉が重力に逆らうため収縮し、体を反らせればお腹側の筋肉が収縮します。なので、普段から体が丸まる猫背の方は、背中側の筋肉が凝りやすいのです。姿勢を正すことで前後の筋肉の負担を均等に分散でき、また、重力の影響を最小限に抑えることができるのでコリを起こり辛くすることができます。姿勢が気になる方はカイロプラクティックを受けましょう。

【初回検査料と費用について】

2018年07月07日 19:39更新  カテゴリ:腰痛

急性腰痛 50代女性【腰痛の症例】

横浜市緑区在住の女性が急性腰痛で来院された。1週間前から臀部痛が生じ、3日前から腰部にも痛みが出だした。前屈み・歩行・背筋を伸ばすのも痛く、旦那様と一緒に来院された。

 

既往歴:脊柱管狭窄症(去年までは左下肢に痺れあり)
仕事:デスクワーク
運動:ウォーキングぐらい

 

来院時の症状

・前傾姿勢気味
・歩幅が狭い
・座位姿勢の時に(左)に体重を乗せられない→(右)に傾いている(逃避姿勢)
・座位姿勢から股を開てもらい、顔を上に向けながら立ち上がると楽に立てる

 

施術後の経過

初回検査から、腰部と腹部の筋肉のバランスが崩れているのが確認できた為、仰向けと横向きのみで筋の緩和操作を行った。施術後、立ち上がる・歩幅が広くなった。まだ炎症期と考えられる為、患部を冷やす事・お風呂に入る事は止めてもらうように伝えて終了した。
2回目、初回の日は痛みが強かったが次の日はかなり楽になった。今回もうつ伏せを避け仰向け・横向きのみで筋の緩和操作とカイロプラクティック・テクニックを用いて施術を行った。
3回目、大分腰痛が落ち着いたの事で、今回はうつ伏せで背中を含めて全身の施術を行った。
4回目、腰痛はなくなり元々気になっていた肩こりを診て欲しいとの事で前回同様全身の施術を行った。

引き続き良い状態を保てるよう、月1回のペースで来院されている。

 

担当者:林コメント

今回の原因は、腹部と背部の筋肉のバランスが崩れ痛みが強くなったと考えます。
この方は元々良く体を動かされていましたが、仕事の忙しさが重なり同一姿勢を長時間とってことで筋力低下・バランスが崩れたことで今回の症状が出たと考えます。
急性腰痛症はかなり痛みの度合いが強く、日常生活を送ることが困難になる症状です。
痛みが起こった場合には早めに対処すべき症状です。
TRITNIYカイロプラクティックをご利用ください。

【初回検査料と費用について】

2018年06月12日 17:52更新  カテゴリ:腰痛

マラソン後の腰痛 10代男性【腰痛の症例】

横浜市保土ヶ谷区在住の高校生の男性がマラソン後の腰痛で来院。一度走ると腰痛が起こり日常生活にも支障が出て痛みが引くまでに時間がかかる。ここ最近では左下肢大腿前面の力も入れずらくなってきたことから母親の紹介で来院された。
既往歴として中学生の時にL5腰椎分離症と診断された。
運動:長距離マラソン選手

 

来院時の症状

・反り腰が強い
・寝ている状態での体勢変換で腰に痛み
・立位で伸展・回旋で腰に痛み
・腹圧を高めると腰の痛みが楽になる

 

施術後の経過

初回、検査から緊張している筋肉の緩和操作と腰と骨盤の間を広げると楽になる為、広げる施術を行った。また胸椎の動きが低下していた為、カイロプラクティック・テクニックを用いた。エクササイズは腹圧を高める運動を教え終了した。(腰椎は触れない)
2回目、前回より寝ている状態での体勢変換の痛みは減少しているが、まだ痛みは出る。今回は前回の施術+大腰筋の緩和操作、股関節の施術と骨盤を閉じるように施術を行った。
3回目、水泳・グラウンド1週だが走れた。走った後など痛みはなく日常生活に問題なし。
4回目、3㎞走った。腰の痛みなし。来週、障害長距離に出場予定。
5回目、障害長距離後・10㎞走った後、腰に多少の違和感は出たがすぐ消えた

今現在は、月1回よい状態を保てるように来院している。

担当者:林コメント

今回の腰痛は、反り腰が強く腰と骨盤の間が極端に狭くなり、体幹を含めその周りの筋肉も緊張を起こした事が原因と考えます。体幹の筋肉が緊張した状態で上半身を真っ直ぐにしようとすると、腰を反らないと伸びません。その状態が長ければ長いほど腰と骨盤の間が狭くなり、腰回りの筋肉も緊張して痛みを出します。
似たような症状・反り腰が気になる方、是非一度専門家である当院にご相談ください。

【初回検査料と費用について】

2018年05月29日 19:35更新  カテゴリ:腰痛

腰の痛み・左下肢外側の張り 40代女性【腰痛の症例】

横浜市保土ヶ谷区在住の女性が腰の痛み左下肢外側の張りを訴えて来院された。思い当たる原因として、高校生の息子の応援で寒い中長時間座っていざ立ち上がろうとした時の事と、普段行っていたストレッチがここ最近出来ていなかった事と思っている。もともと既往歴として椎間板ヘルニアがある為、この際に全身含めて診てもらおうと来院された。
仕事:小学校講師
運動:今は出来ていない

 

来院時の症状

・肩が前に巻き込まれてる猫背姿勢
・反り腰
・肩の力が抜けない
・上半身がしっかりと起こせない
・体幹の筋肉弱化
・腰周りの筋肉のバランスが崩れている

施術後の経過

初回、既往歴に椎間板ヘルニアを患っているとの事からヘルニアの検査を行い、今回の状態に関係しているか確認した。問題は無かった為、腰・お腹周りの筋肉のバランスを確認・緊張を起こしている筋肉緩和操作とストレッチを行い、自宅で出来るエクササイズを教えて終了した。
2回目、前回あった腰痛左下肢外側の張りは無く肩こりを診てほしいと事から全身を施術・肩周りのエクササイズを教えて終了した。
3回目、久々に運動できたとの事。今回も全身を施術した。

今は、よい状態を保てるように月1回のペースで来院されている。

 

担当者:林コメント

今回の腰痛・左下肢外側の張りの原因は、腰回りの筋肉がバランスを崩して起こったと考えます。寒い日に外で長時間同じ姿勢でいた事により、体幹の筋肉が緊張を起こして痛みを出したと思われます。左下肢外側の張りは座っている時に左に体重を掛けていた事により臀部の筋肉が緊張を起こし関連痛となって起こったと考えます。
この様な状況は誰にでも起こりえる事ですし、寒い所にいなくても起こります。なるべく長時間の同一姿勢は避け、動き出す瞬間はお腹に一瞬力をいれながら動くことをお勧めします。

【初回検査料と費用について】

2018年05月19日 17:27更新  カテゴリ:腰痛

(左)腰痛と腰全体の違和感 40代 女性【腰痛の症例】

川崎市高津区在住。2017年11末に風邪を引き安静にされていた。その時に腰に違和感が出始め、次の日は仕事で長時間座っていた事で痛みが出始めた。週末に美容室に行き、ソファーに座っていて立ち上がった時に痛みが強くなった。痛みが強い為、知人に紹介され当院に来院された。
仕事:デスクワーク
運動:今はしていないが、以前はジムに通っていた

来院時の症状

・腰が上手く伸びない
・前屈みの方が楽
・歩幅が普段よりも狭い
・体幹の筋肉が過緊張を起こしている
・座った状態で顔を上に見上げ、股を開き上半身を伸ばしながら立ち上がる方法で楽に立てる
・仰向けでお尻だけを持ち上げるブリッジで腰に痛みが出る
・骨盤に歪みが診られる

施術後の経過

初回、上記の検査から体幹の筋肉が過緊張を起こしている事がわかった。仰向け・横向きのみで筋の緩和操作とストレッチを行った。来院時よりは痛み・上体が起こせるようになった。自宅で出来るエクササイズを処方して終了した。
2回目、初回より痛みが落ち着いているとの事。うつ伏せ施術を出来か確認をして大丈夫だったので、脊柱全体・筋の緩和操作とストレッチを行った。骨盤の捻じれも確認された為、こちらはブロックを使用して整え終了した。
3回目、腰はだいぶ落ち着いた。肩こりを診て欲しいとの事で、上肢を中心に全身を施術し終了した。
引き続き良い状態を保てるように月1回のペースでお体のケアに来院されている。

担当者:林 コメント

この方は、風邪を引いて安静にしていた事で関節・筋肉が固まる→仕事で長時間の座位姿勢で体幹の筋肉がより一層伸びにくい状態になる→美容室で長時間ソファーに座っていたことで完全に腹部と背部の筋肉のバランスが崩れ痛みが強くなったと考えます。
急性腰痛症はかなり痛みの度合いが強く、日常生活を送ることが困難になる症状です。
痛みが起こった場合には早めに対処すべき症状です。
TRITNIYカイロプラクティックをご利用ください。

【初回検査料と費用について】

2018年05月12日 14:31更新  カテゴリ:腰痛

急性腰痛 30代男性【腰痛の症例】

横浜市緑区在住の男性が急性腰痛で来院された。3日前にお子様を抱き上げた瞬間に腰に痛みが起こった。その時はすぐに治まったが次の日に自転車でお子様を幼稚園に送ってから徐々に痛みが強くなった。座っている時・歩いている時・上半身を真っ直ぐにしようとするのが痛くて出来ない。いつも通っているところがお休みな為、当院に来院された。
仕事:デスクワーク
運動:今はしていない

来院時の症状

・歩幅が狭く、腰が引けたような歩き方
・顎が上がっている猫背姿勢
・仰向けで、お尻だけを持ち上げるブリッジを行うと腰に痛みが出る

施術後の経過

初回、検査から体幹と臀部の筋肉の過緊張が診られたことから前後の筋肉がバランスを崩していると考え過緊張を起こしている筋肉に対して仰向け・横向きのみで緩和操作を行った。施術後、痛みの減少・可動域の増加・歩幅も大きくなった事が確認できた。家で出来るエクササイズを教えて終了した
2回目、痛みは多少あるものの前回に比べると楽との事。今回は、うつ伏せでの施術が可能な為、腰を中心に脊柱全体を施術した。
3回目、腰の方はだいぶ落ち着き、その分肩が気になるとの事だったので今回は肩を中心に全身を施術した。

引き続きよい状態を保てるように、今は月1回のペースでメンテナンスを行っている。

担当者:林コメント

今回、この方の腰痛の原因はお子様を抱き上げる瞬間に体幹の筋肉を急に伸ばしたことが原因になります。普段から、デスクワークにより体幹の筋肉が伸びにくい状態であったところに急に筋肉を伸ばす動作を行った為、腹部と背部の筋肉のバランスが崩れ痛みが強くなったと考えます。
急性腰痛症はかなり痛みの度合いが強く、日常生活を送ることが困難になる症状です。
痛みが起こった場合には早めに対処すべき症状です。
TRITNIYカイロプラクティックをご利用ください。

【初回検査料と費用について】

2018年05月06日 15:21更新  カテゴリ:腰痛

月に2回の頭痛を伴う肩こりと、刺すような腰の痛み  20代男性【腰痛の症例】

横浜市在住の20代男性が月に2回の頭痛を伴う肩こりと、刺すような腰の痛みを訴えて来院。2年前にデスクワークをするようになってから症状がでてきた。肩こりがひどくなると頭が重くなり、次第にズキズキするようになる。腰はたまにであるが刺すような強い痛みが起こる。

来院時の症状

・月に2回の頭痛を伴う肩こり
・たまに刺すような腰痛(椅子から立ち上がる時に症状がでやすい)

施術後の経過

姿勢が丸まっていて体を反らすと首や腰が辛くなるため、姿勢の改善と正しい動作ができるよう施術を開始する。初回の施術後、体を反らしても辛さがでなくなったため、エクササイズを処方する。2回目の施術時には症状は消失した。水泳でハードトレーニングをしたり、仕事の繁忙期もあったが良好な状態を保てている。ズキズキする頭痛や刺すような腰の痛みもでていない。

担当者コメント

この方は若いこともあり、施術計画よりも早期に症状が消失しました。日常に必要なエクササイズや注意点もお教えしたとおりに真摯にやりとげて頂けたことや、普段から通っている水泳も再開して適度な運動ができるよになり、体にとって良いサイクルが出来たのが良かったのだと思います。

【初回検査料と費用について】

2018年04月21日 11:11更新  カテゴリ:腰痛

カイロプラクティックの症例を探す

頭痛
偏頭痛(血管性頭痛)、緊張性頭痛、群発性頭痛、筋緊張型頭痛など
顎の痛み・顎関節症
口を開けたり閉めたりすると痛い、閉じ切らない、噛み合わせが悪いなど
肩こり・首の痛み
肩関節機能障害、変形性関節症、寝違え、むち打ち後遺症、姿勢不良など
肩の痛み
野球肩、肩関節の炎症、棘上筋腱、肩峰下滑液包炎、四十肩・五十肩など
腕の痛みや痺れ
円回内筋症候群、斜角筋症候群、頚椎ヘルニア、変形性関節症
肘の痛み
肘部管症候群、テニス肘・ゴルフ肘・野球肘、腱鞘炎など
手首の痛み
手の痛み、手首の痛み、手の筋肉のコリ、腱鞘炎など
背中の痛み
椎間関節症候群、ギックリ背中、慢性背部痛など
背骨の歪み・側彎症
関節機能障害・先天性・突発性側弯症、背骨の歪み 側彎症など
腰痛
ぎっくり腰、慢性腰痛症、腰椎分離・すべり症、椎間板ヘルニアなど
お尻・股関節の痛み
恥骨結合炎、股関節周囲炎、股関節機能障害、お尻の筋肉のこりなど
足の痛みや痺れ
捻挫やその後の後遺症、筋筋膜痛症候群、椎間板ヘルニアなど
膝の痛み
足や膝の筋肉のこり、半月盤・靭帯損傷、変形性膝関節症など
足首の痛み
踵の痛み、偏平足、足関節機能障害、外反母趾、かかとの痛みなど
産前産後の痛み
仙腸関節症候群、不良姿勢によるこりなど
新横浜のカイロプラクティックTrinityについて




お気軽にお問合わせください!
日中は施術中のため返信が遅れることがございます。ご了承下さい。

【所在地】〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-6 TSビル7
【営業時間】 10:00〜21:00(最終受付20:00)
年中無休(土日・祝日も営業) 予約制
【最寄り駅】 
JR横浜線:新横浜駅/横浜市営地下鉄:新横浜駅
  • クーポン割引
  • 蒲田店のサイトへ
  • 徒手医学会で発表した側彎症の研究論文
  • カイロプラクターのブログ
  • スマートカイロプラクティック銀座店
東京カレッジオブカイロプラクティック学校説明会
私たち母校の学校説明会です。
ご興味のある方は是非!

Tarzan肩こり・腰痛
TRINITYカイロプラクティックが『Tarzan肩こり・腰痛徹底ガイダンス号』に掲載されました。

新横浜駅からのアクセス

新横浜駅からのアクセス

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-6
TSビル7
TEL 045-473-1133

【営業時間】
10:00〜21:00(最終受付20:00)
年中無休(土日・祝日も営業)
予約制

【最寄り駅】
JR横浜線:新横浜駅
横浜市営地下鉄:新横浜駅

カイロプラクティックについて

カイロプラクティックは薬物や外科手術などで 症状を抑えるのではなく からだ本来の正常な骨格、神経の流れに戻し自然 治癒力を高め症状を改善する施術法です。

セキュリティ対策自己宣言
  
このページのトップに戻る
横浜港北区(新横浜2分!)の整体・カイロプラクティック治療院。完全個室でプライバシーも安心。 肩こり、腰痛、頭痛、足の痺れや痛み、坐骨神経痛などの神経症状に適応。