新横浜3分!横浜のカイロプラクティック・整体 神経症状,骨盤矯正,顎関節症も対応。大口、菊名、小机、鴨居、中山、十日市場からも多くの方が来院。
症例報告|肩こり・首の痛み

肩こり・首の痛み

腕が痛くで自転車に乗れない 30代男性【肩こり・首の痛みの症例】

海老名市在住の男性が左腕の痛みを訴えて来院された。
趣味で自転車に乗っているが、最近乗るとすぐに左腕が痛み始め、ぜんぜん乗れなくなってしまった。左肩もいつも凝っているが、これが関係しているかもしれない。痛みなく自転車を再開できるようになりたいと当院に来院された。

<来院時の症状>
・手首の背屈運動で痛みが誘発
・肘の外側に圧痛がある
・猫背が目立ち、姿勢が悪い

<施術後の経過>
検査結果より、いわゆるテニス肘(外側上果炎)だと判断した。手関節背屈筋群の筋トリートメントを行うと共に、肩周りの筋肉も合わせてトリートメントをおこなった。施術後には手首の運動による痛みは消失した。
2回目来院時には痛みは半分以下になっていた。引き続き初回の施術方針を踏襲して行うと共に、姿勢改善のため、胸椎、腰椎に対し、カイロプラクティック・テクニックを用いて関節の矯正をおこなった。
3回目の来院時には痛みはなく、自転車も問題なく乗れているとのことであった。腕の施術を継続しつつ、姿勢改善の施術に重点をおいた。施術後は体が軽く、動きやすいとのことであった。現在は再発防止、健康管理、姿勢改善のために月に一度、来院されている。

<担当:松田コメント>
腕の痛みは、直接的には手首の背屈筋群に疲労を溜めすぎたことによって生じていました。しかし、疲労が溜まるのは姿勢が悪く、腕で体を支えるように自転車に乗っていたため、手首の筋肉に過度に負担がかかったからです。姿勢改善を行ってからは痛みの再発はもちろん、「以前より疲れない」とお言葉をいただきました。
一見、腕の痛みと姿勢は関係ないように思えますが、姿勢は体にとても大きな影響があります。腕の痛みのある方、また姿勢の悪さを気にされている方は、是非専門家である当院にご相談ください。

【初回検査料と費用について】

2017年12月30日 10:15更新  カテゴリ:肩こり・首の痛み

右腕外転時の肩の痛みと右肩甲骨内側の鈍痛 40代男性【肩こり・首の痛みの症例】

横浜市緑区在住。もともと慢性の肩コリがあった。近くの整骨院や整体で一時的に良くなっていたが、半年ぐらい前から右腕の外転動作(横に挙げる動作)で右肩に痛みが出だした。最初のうちは痛みがある時・ない時とあったが段々痛みが出る日が多くなり、徐々に痛みも強くなってきた。近くの整骨院で診てもらったがあんまり変化が無い為、今回HPを診て来院した。
仕事:デスクワーク
運動:学生の時以来していない

来院時の症状

・顎が前に出ている・肩の巻き込みありの猫背姿勢
・胸椎の柔軟性低下
・ペイフルアーク(右)+
・姿勢を正して腕を外転すると痛み減少
・肩回りの筋緊張が高い
・鎖骨の可動低下

施術後の経過

初回、検査から不良姿勢と、長時間の同一姿勢から首肩周り筋肉の緊張が強く今回の痛みを出していると考えた。また同一姿勢による肩の巻き込みと脊柱の柔軟性低下も原因と考え施術を行った。自宅で出来るエクササイズを処方して終了した。
2回目、前回よりも肩の痛みは減ったがまだ痛みが出る事から今回は肩関節と鎖骨に対してもアプローチを行った。エクササイズは継続。
3回目、痛みが無い日があった。
4回目、仕事による疲れはあるものの痛みは無い
引き続き良い状態を保てるように3週に1度のペースでお体のケアに来院されている。

担当者:林コメント

この方の肩の痛みを引き起こしたいたのは筋肉ですが、原因は長時間の同一姿勢による不良姿勢でした。顎が前に出る猫背姿勢をとることから、肩が巻き込まれ肩甲骨の可動域が減少しその状態で腕を肩よりも上に挙げていた為、必要以上に筋肉が伸ばされ痛みを出していました。腕を挙げる動作に関して(特に外転動作)、脊柱は当然ながら肩甲骨の可動域が重要になります。肩甲骨の可動域が上手く動かないと、その分筋肉が過剰に使われしまい痛みを引き起こします。このような症状はデスクワーク方はもちろん主婦の方、スマートフォンをよく操作している方などに診られる症状になります。このような症状でお困りの方ぜひ当院にご相談下さい。

【初回検査料と費用について】

2017年12月28日 12:38更新  カテゴリ:肩こり・首の痛み

首・肩こり・背中の張りと腰痛 (特に左肩甲骨内側と脇の下が辛い) 20代男性【肩こり・首の痛みの症例】

横浜市緑区在住。5月半ばから体調を崩し胃の調子が悪く病院に行き胃炎と診断。その時ぐらいから首・肩こり・背中の張り・腰痛が強くなった。以前から首・肩こり・背中の張りと腰痛はあったりしたが、左肩甲骨内側と脇の下の痛みが強く吐き気も伴った為、会社にいる方からの紹介で来院された。
仕事:システムエンジニア
運動:今はしていないが、学生時代はテニスをやっていた。

来院時の症状

・顎が前に出ている猫背姿勢
・体全体の緊張が強い
・痛みが強く、軽く触れるだけでも痛い(特に上半身)
・脊柱全体の柔軟性低下
・左腕を上げて耳に近づけようとすると、頭部を傾ける代償運動が見られる

施術後の経過

初回、検査から不良姿勢と、長時間の同一姿勢から首肩周り・胸の筋肉の緊張が強く今回の痛みを出していると考え施術を行った。検査時で上半身は痛みが強いことから先に下半身から始めた。その後、上半身の緊張が和らいだのを確認して筋肉に対し緩和操作を行った。家で出来るエクササイズ・姿勢改善・同一姿勢の時間をなるべく減らす様にと伝え終了。
2回目は前回程辛さは無く、左肩甲骨内側の違和感のみ。前回同様、下半身から行い頚椎・胸椎に対してカイロプラクティック・テクニックを用いて施術を行った。また、仕事中の姿勢に凄く気を付けるようになったとの事。
3回目、疲れはあるが辛さはない。また姿勢を正した方が楽になってきたとの事
今は、月1回のペースで体のメンテナンスをされています。

担当者:林コメント

お仕事の内容から長時間座っている時間が長く、その間に背中は丸まり顎が前に出て腕は限りなく伸ばした姿勢が、今回の症状の原因と考えます。その様な状態で仕事を続けると、体全体の筋肉バランスが崩れてしまいコリ・張り・痛みとして出てきます。
長時間の姿勢は肉体的・精神的にも不調を起こしていきます。
姿勢が気になる方・首肩こり・腰痛でお困りの方ぜひ専門家である当院にご相談下さい。

【初回検査料と費用について】

2017年12月14日 17:54更新  カテゴリ:肩こり・首の痛み

左肩甲骨内側の痛み、気持ち悪さと背中のこりと怠さ 30歳代男性【肩こり・首の痛みの症例】

横浜市港北区在住。以前から背中のこりと怠さは感じていたが、自分なりに体を動かす事で何とかなっていた。今回左肩甲骨内側に鈍痛と気持ち悪さを感じ、自分なりに体を動かしても楽にならないことから来院された。
仕事はデスクワークによるPC作業と対人相談関係。
運動は、たまにスポーツジムで体を動かすぐらい。

来院時の症状

・左肩甲間部に盛り上がりがみられる
・頚胸移行部から中部胸椎と肋骨に動きに制限がみられる
・頚肩部の筋緊張の高さと巻き込みがみられる
・左菱形筋の過緊長と弱化
・胸筋群の過緊張

施術後の経過

検査結果より、左肩甲骨内側の鈍痛の原因は筋肉と判断した。気持ち悪さ、背中のこりと怠さは胸椎と肋骨の制限によるものと判断し、筋の緩和操作とカイロプラクティック・テクニックを行い矯正を行った。また自宅で出来るエクササイズの処方。
2回目の来院時には、初回でみられた肩甲骨内側の鈍痛は少なくなり、気持ち悪さは無くなったとの事。引き続き、筋の緩和操作とカイロプラクティック・テクニックを行い矯正を行った。
3回目の来院時には、肩甲骨内側の鈍痛は無くなった。
4回目以降は、背中の怠さも減少した。
引き続き、良い状態を保てるように2~3週に1度のペースでお体のケアに来院されている。

担当者:林コメント

この方の痛みの一番の原因は肩甲骨の内側にある菱形筋の過緊張でした。お仕事中の姿勢が肩を前方に巻き込んでいる状態が長時間続いた為、動かしたくても菱形筋が上手く使えずロックされている為、鈍痛と不快な感覚を起こしていると考えられました。また肩を前方に巻き込んでいる姿勢を取る事で頚胸移行部から中部胸椎と肋骨の動きに制限が起こり気持ち悪さが出ていたと考えます。施術と合わせて自宅でできるエクササイズなどを行ってもらったことで効果が現れました。このような症状はデスクワークの方には、とても頻繁に見られるためカイロプラクティックの施術を受けられることをお勧めします。

【初回検査料と費用について】

2017年12月09日 12:06更新  カテゴリ:肩こり・首の痛み

(左)肩~肩甲骨内側のコリが辛いと姿勢の確認 20代男性【肩こり・首の痛みの症例】

横浜市都筑区在住。去年の夏ぐらいから、(左)肩~肩甲骨内側にコリ感を感じるようになった。最初はコリ感だけだったが、酷くなるにつれて吐き気まで感じる様になった。近くの整体に数回通ったが効果が長続きしなかったのと、整体の先生から姿勢の事を指摘された為、今回(左)肩~肩甲骨内側のコリも含めて診て欲しく来院。
運動:特になし
仕事:デスクワーク(PC作業中心)

来院時の症状

・顎が前に出ている猫背姿勢
・肩の巻き込みがある
・胸椎の柔軟性低下
・左の菱形筋(肩甲骨を内側に寄せる働きをする筋肉)の筋力低下
・体幹の弱化

施術後の経過

初回、話と検査結果から同一姿勢の時間が長いこと・不良姿勢が原因で筋力のバランスが崩れ左肩甲骨内側のコリが出ていると判断した。気持ち悪さは、胸椎の柔軟性低下によるものと判断し筋の緩和操作とカイロプラクティック・テクニックを行い矯正を行った。また自宅で出来るエクササイズの処方した。
2回目、仕事中の姿勢を正す意識が変化しましたと言っていただき、前回までの辛さはないとの事。引き続き筋の緩和操作とカイロプラクティック・テクニックを行い矯正を行った。
3回目、仕事の疲れはあるが、肩甲骨内側の辛さは無い
現在も月1回のペースでお身体のケアをされています。

担当者:林コメント

この方のコリの原因は肩甲骨内側にある菱形筋の過緊張ですが一番の原因は、仕事中の姿勢で顎が前に出て肩を前方に巻き込んでいる状態が長時間続いたことと考えます。顎が前に出している姿勢で長時間の同一姿勢をとると頚胸移行部から中部胸椎に動きの制限が生じ肩甲骨の可動域・筋力低下が起こりコリ感・気持ち悪さが出ていたと考えます。施術と合わせて自宅でできるエクササイズなどを行ってもらったことで効果が現れました。このような症状はデスクワークの方にとても多く見られるため、カイロプラクティックを受けることをお勧めします。

【初回検査料と費用について】

2017年11月25日 11:09更新  カテゴリ:肩こり・首の痛み

朝起きても残る肩こり・腰痛と顎の疲れ 20代女性【肩こり・首の痛みの症例】

横浜市保土ヶ谷区在住の20代女性。朝起きても残る肩こり・腰痛があり来院。肩こりは、重だるさと痛み、腰痛は屈曲時に起こる状態で仕事を始めてから徐々に辛くなってきた。
以前から、肩こり・腰痛はあったが寝て起きると治まっていることが多く、今回のように長引くのは初めて。また仕事を始めてから歯ぎしりが凄く、マウスピースを装着して寝ているため顎の疲れもある。自分で出来ることを含めて診てもらいたく来院された。

来院時の症状

・顎が前に出ている猫背姿勢
・頚椎の可動で屈曲・右側屈・右回旋で右肩に痛みあり
・頚椎がストレートネック気味
・腰は屈曲すると腰仙部に痛みあり
・右顎の咬筋の緊張が診られる
・体幹の筋肉の弱化あり

施術後の経過

初診時、頚椎のストレートネックと座っている姿勢が顎が出ている猫背姿勢なことから肩こり・腰痛が起こっていると考え、首・肩の筋の緩和操作を行い頚椎に対してカイロプラクティック・テクニックを用いた。腰痛に関しては、体幹の筋肉をストレッチを行い腰仙部にカイロプラクティック・テクニックを行った。顎の緊張も緩和された。自宅で出来るエクササイズを処方して終了した。
2回目に来院された時は、痛みは無く起床時の辛さも無いとの事。引き続き、首・肩を中心に体全体の施術を行った。
引き続き、月1回、予防の為に来院されています。

担当者:林コメント

この方は、長時間同一姿勢と背中を丸める猫背姿勢により今回の症状が出たと考えます。長時間の同一姿勢は筋肉のバランスを崩すだけでなく、背骨の柔軟性を落ちます。その様な状態が続くと、寝ていても重力の分散が上手く出来ず疲れが残りそれが溜まると痛みなどに変わります。基本的に、最低でも2時間一回は体勢を変え、その時にゆっくりとストレッチをすることをお勧めします。
似た症状でお困りの方、是非専門家である当院にご相談ください。

【初回検査料と費用について】

2017年11月18日 18:03更新  カテゴリ:肩こり・首の痛み

1か月前に肩を捻じられた  40代男性【肩こり・首の痛みの症例】

横浜市在住の40代男性が肩の痛みを訴えて来院。1か月前に他院に肩の痛みで施術を受けに行ったが、その時に肩を捻じられて、痛みの感じが変化した。数回通うが良くならないため別の所をと思い当院に来院。

来院時の症状

・左肩関節の内旋、外旋時痛
・上着を着るのが痛い
・ふとした肩の動きが痛い

施術後の経過

上腕骨頭が上方に変位していて、肩を動かそうとすると肩甲骨との位置関係から体の内部で負荷がかかり痛みが出る状態の可能性が考えられたため、上腕骨頭の位置を矯正し、肩甲骨周囲や背骨の周囲の筋群の硬さを取るように施術を開始しました。1回の施術で痛みはほとんど消失しましたが、症状が出ないように肩の状態を安定させるため週に1回で計3回施術を行いました。

担当者コメント

この方は、力づくで肩を捻じられる施術を受けて肩関節周囲の筋肉がこわばり、硬くなっていました。加えて、肩を安定させる筋肉の働きが低下していたため肩の正常な動作が破綻し、痛みが持続してしまう結果になったと考えられます。専門的な検査を行うことで症状がより早く解決できました。
当院ではWHO基準のカイロプラクターのみが施術を行いますので、同様のことでお悩みの方はご相談お待ちしています。

【初回検査料と費用について】

2017年10月28日 16:02更新  カテゴリ:肩こり・首の痛み

腕が痺れる 20代女性【肩こり・首の痛みの症例】

横浜市在住の20代女性が腕の痺れを訴えて来院。症状のきっかけはないが、仕事をしていると夕方位に悪化する。もともと慢性的に肩や腰の痛みを感じている。

来院時の症状

・左腕の痺れ(全体的)
・肩こり、腰痛

施術後の経過

骨盤の歪みがあり、体も捻じれていました、左右で肩の高さにも差があり、慢性的な肩こりからか、肩関節の動きも悪くなっていました。首肩周りの筋肉が硬くなることで腕に痺れを起こすことがありますので、それにかかわる状態を修正するように施術を開始しました。腕の痺れは2回の施術で消失し、現在は慢性的な肩こりと腰痛に対して施術を行っています。

担当者コメント

デスクワークのお仕事をしていると同じ姿勢を取り続けることが多くなります。これが肩こりの原因となります。とくに、姿勢が悪いとより症状を発症しやすくなります。この方は、肩こりを我慢していたため、腕に痺れがでる状態になってしまいました。症状が強くなる場合は我慢していても良くならない場合が多々あります。早目に対処することが早い解決につながるので、同様の症状でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

【初回検査料と費用について】

2017年10月24日 13:29更新  カテゴリ:肩こり・首の痛み

腰痛と肩甲骨周囲の痛み 30代女性【肩こり・首の痛みの症例】

横浜市港北区在住の女性が腰痛両肩甲骨周囲の痛みを訴えて来院された。
腰痛は常時あり、特に起床時の痛みが強い。肩甲骨周りは凝り固まってしまって、腕を伸ばすような動作をすると痛みが走る。運動不足や不良姿勢が原因であると思っているが、生活に支障のないくらいにはなりたいと来院された。

来院時の症状

・立位で頭の突出と反り腰が目立つ
・頚部の運動では下を向く動作以外、すべてに痛みが誘発される
・肩甲骨の可動性が著しく低下している

施術後の経過

初回は肩甲骨周りと頸部の運動による痛みの軽減をおこなった。ご本人様もご自覚されている通り、運動不足・不良姿勢の影響が考えられたため、上半身の筋肉トリートメントを行い、背筋が伸びるようにカイロプラクティック・テクニックを用いて、背骨の矯正をおこなった。施術後は頚部の運動による痛みが消失し、体幹の上に頭がくるようになった。
2回目の来院時には頸部の運動による痛み、腕を伸ばした時の痛みはなく、肩甲骨周りに硬さを感じるということであった。前回の施術を踏襲しておこない、腰痛に対しても施術を行った。
3回目の来院の際は肩は軽く、朝の痛みがたまにある程度にまで改善していた。引き続き姿勢改善を主眼に施術を行った。
現在は痛みのない生活が快適だと、現在は月に1回のペースでお体のケアに来院されている。

担当:松田コメント

現在の生活スタイルは便利ですが、運動不足になりがちです。運動不足は姿勢の悪化をはじめ、様々な症状を引き起こす原因となります。
姿勢の悪い方、運動をしたくてもなかなかできない方は、ぜひ専門家である当院にご相談ください。

【初回検査料と費用について】

2017年10月21日 20:30更新  カテゴリ:肩こり・首の痛み

春から投球時痛  30代男性【肩こり・首の痛みの症例】

横浜市在住の30代男性が投球時痛を訴えて来院。冬場は軽くキャッチボールをするが、痛みはなかった。春になり本格的に投げるようになってから、はじめのうちは投球後に痛みが出るようになり、最近では投球中も痛みが出てきたため来院。

来院時の症状

・投球時の肩の痛み
・肩の外転時痛、屈曲時痛

施術後の経過

胸椎や肩甲骨、上腕骨が理想の位置から逸脱していたため、姿勢の修正から施術を開始しました。姿勢の改善とともに症状が軽減しました。施術後はすぐに肩の外転時痛や屈曲時痛は消失しますが、2週間経つと再び痛みが出てきてしまうため、普段の生活の注意点や、自宅で出来るエクササイズを処方し行ってもらうようにしました。投球動作時に肩が前に入ってしまう癖があるため、動きの修正を行うようにしていきました。現在は良好な状態が保てるようになりましたが、投球後はメンテナンスでカイロプラクティックケアをしています。

担当者コメント

普段から姿勢が悪いと、正しい動きが起こらなくなるので、体を痛めてしまうリスクが大きくなります。特に、スポーツでは同じ動作を繰り返し行いますので、普段の姿勢の意識を強く持たなければ、正しいフォームを身に着けることが出来ないどころか、体を痛めてしまいます。カイロプラクティックでは症状がでていないうちから施術を受けることもできますので、姿勢が気になる方はお気軽にご相談下さい。

【初回検査料と費用について】

2017年10月10日 10:58更新  カテゴリ:肩こり・首の痛み

カイロプラクティックの症例を探す

頭痛
偏頭痛(血管性頭痛)、緊張性頭痛、群発性頭痛、筋緊張型頭痛など
顎の痛み・顎関節症
口を開けたり閉めたりすると痛い、閉じ切らない、噛み合わせが悪いなど
肩こり・首の痛み
肩関節機能障害、変形性関節症、寝違え、むち打ち後遺症、姿勢不良など
肩の痛み
野球肩、肩関節の炎症、棘上筋腱、肩峰下滑液包炎、四十肩・五十肩など
腕の痛みや痺れ
円回内筋症候群、斜角筋症候群、頚椎ヘルニア、変形性関節症
肘の痛み
肘部管症候群、テニス肘・ゴルフ肘・野球肘、腱鞘炎など
手首の痛み
手の痛み、手首の痛み、手の筋肉のコリ、腱鞘炎など
背中の痛み
椎間関節症候群、ギックリ背中、慢性背部痛など
背骨の歪み・側彎症
関節機能障害・先天性・突発性側弯症、背骨の歪み 側彎症など
腰痛
ぎっくり腰、慢性腰痛症、腰椎分離・すべり症、椎間板ヘルニアなど
お尻・股関節の痛み
恥骨結合炎、股関節周囲炎、股関節機能障害、お尻の筋肉のこりなど
足の痛みや痺れ
捻挫やその後の後遺症、筋筋膜痛症候群、椎間板ヘルニアなど
膝の痛み
足や膝の筋肉のこり、半月盤・靭帯損傷、変形性膝関節症など
足首の痛み
踵の痛み、偏平足、足関節機能障害、外反母趾、かかとの痛みなど
産前産後の痛み
仙腸関節症候群、不良姿勢によるこりなど
新横浜のカイロプラクティックTrinityについて




お気軽にお問合わせください!
日中は施術中のため返信が遅れることがございます。ご了承下さい。

【所在地】〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-6 TSビル7
【営業時間】 10:00〜21:00(最終受付20:00)
年中無休(土日・祝日も営業) 予約制
【最寄り駅】 
JR横浜線:新横浜駅/横浜市営地下鉄:新横浜駅
  • クーポン割引
  • 蒲田店のサイトへ
  • 徒手医学会で発表した側彎症の研究論文
  • カイロプラクターのブログ
  • スマートカイロプラクティック銀座店
東京カレッジオブカイロプラクティック学校説明会
私たち母校の学校説明会です。
ご興味のある方は是非!

Tarzan肩こり・腰痛
TRINITYカイロプラクティックが『Tarzan肩こり・腰痛徹底ガイダンス号』に掲載されました。

新横浜駅からのアクセス

新横浜駅からのアクセス

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-6
TSビル7
TEL 045-473-1133

【営業時間】
10:00〜21:00(最終受付20:00)
年中無休(土日・祝日も営業)
予約制

【最寄り駅】
JR横浜線:新横浜駅
横浜市営地下鉄:新横浜駅

カイロプラクティックについて

カイロプラクティックは薬物や外科手術などで 症状を抑えるのではなく からだ本来の正常な骨格、神経の流れに戻し自然 治癒力を高め症状を改善する施術法です。

セキュリティ対策自己宣言
  
このページのトップに戻る
横浜港北区(新横浜2分!)の整体・カイロプラクティック治療院。完全個室でプライバシーも安心。 肩こり、腰痛、頭痛、足の痺れや痛み、坐骨神経痛などの神経症状に適応。